HOME > 沿革

 

昭和21年 2月
高知市桜井町(旧中新町)の上田太郎先生の一部屋を借りて大塚三綱,竹崎静子によって「高知女子専門学校」を開校,専修科(速成)の授業をはじめる。学園理事長大塚三綱,専門学校長野村茂久馬就任
昭和21年 4月 同地にて高等学校(現専門部)募集
昭和21年12月

南海地震により上田邸傾き、1月より清和女子高の新屋敷の一部、錦川町大塚宅の一部屋に分散して授業を続ける

昭和22年 3月
追手前高校(旧城東中学)の3階の一室で第1回展覧会とバザーを行う
昭和22年 3月
新本町マリア園を借りて第1回生卒業式を行う
昭和22年 4月
関潔氏の越前町の倉庫を借りて、高等科2回生、本科生を募集して授業を行う。上田修一郎専門学校長就任
昭和23年 3月
高等学校に類する各種学校「高知女子専門学園」として桃井知事より認可される
昭和23年 4月
竹崎静子専門学校長就任
昭和23年11月 高知女子専門学園中村分校設置認可される
昭和24年 3月 現在地栄田町に新築移転
昭和24年 6月 学園を個人立(設立者大塚三綱)より財団法人「高知女子専門学園協会」立に変更,理事長坂本重寿,専務理事大塚三綱
昭和26年 3月 準学校法人許可,高岡郡越知町に分校創立,香美郡野市町に香南校創立
昭和31年10月 北校舎東に2教室建増
昭和34年 2月 南校舎建築4教室
昭和35年 2月 東校舎2教室
昭和36年 2月 南校舎西に増築2教室
昭和39年 4月 高等科(中学卒)生徒の為に小津高校通信制課程と連携
昭和40年10月 通信制家庭科「高知女子高等学校」認可,学校教育法第1条の規定による学校法人認可(高知県知事)
昭和41年 4月 「高知女子高等学校」開校 大塚三綱高等学校長就任
昭和42年 4月 越知校を佐川に移転,佐川校とする
昭和44年 4月 斉藤其和高等学校長就任
昭和46年 4月 竹村晋高等学校長就任
昭和50年 2月 24年建築の校舎を改築
昭和51年 2月 30周年記念と校舎改築の式典を行う。専修学校制度の成立にともない「高知女子専門学園」を「高知女子専門学校」と改名,高等専修課程と専門課程,一般課程を置く
昭和52年 3月 香南校廃止認可
昭和52年 4月 大塚眞智子専門学校長就任
昭和53年 3月 小笠原龍三郎高等学校長就任
昭和53年 3月 文化服装学院の連鎖校となる,佐川校休校 第1回校外ショーを高知放送会館文化ホールにて行う
昭和54年 5月 大塚弘一学園理事長就任
昭和55年 4月 創設者・大塚三綱逝去
昭和55年 8月 佐川校廃止
昭和58年 3月 創設者・竹崎静子逝去
昭和60年10月 高等課程3年修了で大学受験の資格を得る(高知県知事)
昭和61年 2月 40周年記念式典を行う
平成元年 4月 高等学校(通信制)が3年で卒業可能となる(昭和63年学校教育法改正)
平成2年  4月 江口光幸高等学校長就任
平成2年  4月 須郷昌徳学園理事長就任
平成3年  3月 江口光幸専門学校長就任
平成3年  3月 法人名を学校法人「高知女子専門学園協会」から学校法人「太平洋学園」に変更
平成3年 4月 十文字孝夫学園理事長就任
平成4年 4月 水田耕吉高等学校・専門学校長就任
平成4年 8月 情報処理実習棟竣工
平成5年 4月 校名を「太平洋学園高等学校・専門学校」に変更,商業科を新たに設置、男女共学とする
平成6年 3月 北校舎(普通教室・パソコン実習室・事務室)竣工
平成8年 2月 50周年記念式典を行う
平成12年 3月 鈴木康夫学園理事長就任
平成12年 4月 高等学校を単位制として2学期制をを採る
平成13年 3月 定時制高等学校設立、総合学科設置認可 専門学校高等課程は募集停止とする
平成14年 7月 村田暢生高等学校・専門学校長就任
平成15年 4月 坂本昌三郎理事長就任
平成15年 4月 土居正明高等学校校長就任
平成15年12月 新校舎落成
平成16年 2月 校舎落成式典を行う
平成18年 1月 60周年記念行事を行う
平成18年 4月 村田暢生高等学校長就任
平成21年 4月 岡林登志郎高等学校長就任
平成22年 7月 水田耕吉理事長就任
平成24年 4月 光富祥高等学校長就任