HOME > 通信制カリキュラム

カリキュラム 普通系列(基礎・応用) 教養系列(情報) 教養系列(福祉) 教養系列(被服)
必修科目

*国語総合 *世界史A *日本史A *現代社会 *数学Ⅰ *化学と人間生活 *化学基礎・生物基礎から1科目

*体育 *保健  *美術Ⅰ・書道Ⅰから1科目 *コミュニケーション英語Ⅰ  *家庭基礎

*社会と情報・情報の科学」から1科目  *産業社会と人間  *チャレンジ体験(総合的な学習の時間)   


共通選択科目 *剣道  *生活の中の書  *デザイン  *ワープロ実務
選択科目

*国語基礎

*現代文A

*古典講読B

*国語演習

*数学活用

*数学A

*数学Ⅱ

*コミュニケーション英語基礎

*英語表現Ⅰ

*コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅱから1科目

*課題研究

*国語基礎

*国語演習

*数学活用

*数学A

*コミュニケーション英語基礎

*ビジネス英会話

*課題研究

*ビジネス基礎

*情報の表現と管理

*情報メディアの編集と表現

*国語基礎

*国語演習

*数学活用

*数学A

*コミュニケーション英語基礎

*ビジネス英会話

*課題研究

*社会福祉入門

*福祉情報活用

*子供の発達と保育

*簡単クッキング

 *国語基礎

*国語演習

*数学活用

*数学A

*コミュニケーション英語基礎

*ビジネス英会話

*課題研究

*簡単クッキング

*ファッション造形基礎

*ファッション造形

*クロッキー&スタイル画

卒業単位 上記「必修科目」を履修した上で、「選択科目」や「学校設定科目」を選択履修し、修得した単位数の合計が、卒業までに74単位必要(学校外の学修により認定された単位数を36単位まで含むことができる)
スクーリング免除の制度・その他 学校が指定したラジオ放送又はテレビ放送(一部科目について、NHKで放送されている「NHK通信教育講座」を利用して自宅学習ができます。1年間教科書に準じた内容で放送されています)を視聴したり、インターネットによる面接指導(パソコン・WEBカメラ等が必要)を受けたりすることで、スクーリングの一部時間数が免除されます。免除される時間数は視聴・インターネット共、標準スクーリング回数の10分の6以内で合わせて10分の8以内です。
その他、実務代替による単位認定が可能な科目も系列共通の選択科目として開講されています。
定時制課程科目「演技実技演習」「バンド実技演習」は外部施設を利用して授業をすることがあります。通信制課程でも1年次から継続して履修(通定併修)することができます。
通信制課程はスクーリングの回数の関係で、専門教科科目のように実技を伴う科目は、定時制課程より科目数が少なくなっています。興味のある科目は定時制課程科目を履修(通定併修)することができます。